介護報酬ファクタリングサービス

subpage01

ファクタリングサービスは介護サービスなどを行う事業所が国保連に請求する介護報酬をファクタリング会社に譲渡することによって、従来よりも早く現金を受け取ることができるサービスです。

このファクタリングサービスを利用することによって、これまでは国保連からの入金が介護サービスの提供後2か月程度後になっていたものがサービスを提供した月の翌月の定められた日に入金してもらうことができるため現金を早く受け取ることができるようになります。

お手軽さが魅力の即日のファクタリングの情報なら当サイトにお任せ下さい。

通常ならば事業所は2か月分程度の未収金を抱えながら事業運営をしていかなくてはいけないのですが、それは事業所にとっては厳しい状態でもあり資金繰りの苦悩を抱えることも少なくありません。


それがサービスを利用することで解消されます。
そのためキャッシュフローを充実させることができ、帳簿では借入金ではなく売掛の入金をいう扱いになるので負債ではなく賃借対照表のオフバランスを図ることができると言うメリットがあります。



それによって企業の信用情報に傷がつくことがなく金融機関からの借入枠を拡大することも可能になります。


また借入れとは違うので基本的には連帯保証人や担保の必要がないのもメリットのひとつですし、ファクタリング会社側からすると介護報酬の債権の場合には国保連から入金されないと言うことがないので、リスクが少ないため手数料も低利率で安いと言うメリットもあります。



介護報酬のファクタリングサービスには大手銀行やノンバンクなどが参入しているので入金の速さや手数料など事業所運営がしやすくなる相手先を選ぶようにすると良いでしょう。