介護ファクタリングに関して

subpage01

ファクタリングとは企業が有する売掛金を、ファクタリング会社が買い取り、早期資金化して企業へ提供するサービルのことです。
介護診療報酬は、通常国民健康保険団体へ診療報酬の請求をした際、介護報酬が降りるまで約45日ほどかかりますが、介護ファクタリングのサービスを利用すると、約5日ほどで資金が入金されます。

おすすめのファクタリングのココだけの話をしましょう。

例えば事業を始めて間もない事業者の場合には、診療報酬の請求をおこなった後の入金される45日間の間の資金繰りに悩まされることになります。

しかし、このサービスを利用すれば5日後には入金されますので、キャッシュフローがよくなり、資金繰りの心配もなくなるのです。
実際に入金される金額は会社によって違いがありますが、約70パーセントから80パーセントの金額が入金されることになり、残りの金額が二ヶ月目の入金となるのです。



これは銀行からの融資を必要としない、資金調達の一つです。

また介護報酬債権を買い取るサービスなので、借入ではなく帳簿上も売掛金として、賃借対照表の改善も図ることができるのです。
このサービスを利用する際には、会社によっていくつかの利用条件があり、確認が必要となりますが、借入ではないため、保証人や不動産の担保などは必要ないのです。



しかし状況によってはこのファクタリングサービスが利用できなかったり、また利用できても一回目に入金される金額が目安金額に届かなかったりする場合があるため、注意が必要です。